BLOG
ブログ

Director
代表 / ディレクター
TAKASHI UEDA
植田高史

作品に見えてくる事。

撮影に限らず、お客様の髪型は我々にとってみれば言わば作品でもあります。

一人ひとりに向き合い、悩みや改善点や好みなどを瞬発的に感じ取り、そして一歩引いてみたところで再現性を考慮してスタイルに反映させていくわけです。

そこには我々がどれだけ勉強してきたか、どれだけ練習してきたか、はたまた情熱に至るまで

全てが反映されます。

どんな時代でも人々を魅了するのは真摯に向き合って積み上げた熱量。