浦田クリニックに人間ドックを受けに行ってきました。

場所は金沢です。

兼ねてから通常の人間ドックのデータや検査内容に、もう少し細かく知りたい願望があり、自分の体質や不足している栄養素の解析など、他にも様々な検査ができるとの噂の当院に興味がありました。

結論から言いますと、非常に満足で今後は金沢に通うことに決定。

上の写真は昼食に出てくる併設されたカフェの文言。

 

こちらはグルテンフリーの食材や、色々な油や個人に合わせた健康補助食品を購入できるショップ。

他にもジムやプール、ピラティススタジオ、温泉、アロママッサージ、などなど。

完成された予防医療の複合施設。

美容に携わり面の美しさやファッション性に向き合うだけでは歪みが来る昨今。

我々の業にも通ずる学びの多い施設でした。

 

 

 

 

 

研究を重ねて経たものは一眼で伝わり

説得力があります。

S.の音響システムを作り上げて頂いていたエンジニアの方が他界されてからできるだけ音響システムにおいては現状維持を心がけてきた近年。

ようやく、お任せしたい方に札幌で出会いました。

 

 

何事も ”そこそこの先” が面白い。

 

もうかれこれ10年以上、休日は9割9分の確率で東京にはおりません。

趣味の影響も過分にありますが、

とにかく肉体的にも精神的にもその方が調子がいい。

それに尽きるのです。

大都会と田舎の移動生活。

ちょっと調子をあげたい方。

お勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Marisolの撮影もかれこれ何年お声がけいただいたでしょうか?

準レギュラーなんじゃないか?って位にお世話になりました。

ファッションの程よい抜け感やカッコイイ女性像が魅力的で、

大好きなファッション誌ひとつでした。

それがなんとWEBを残して紙面はこれが最後になるとのこと、、、

時代は移り変わりますね。

最後まで関わらせていただき嬉しかったです。

さてどうなって行くのかな?

 

 

 

 

 

 

美的GRAND 夏号で ’withマスク前髪’を宮澤と二人で提案させていただきました。

いよいよマスク前提の髪型です。。

”え?マスク外しちゃう仲なの?❤︎

”ちょっとだけマスクはずしてもらって良い?”

なんて言葉がセクハラになる時代も近そうです。

ま、ボヤいても仕方がないので、これも楽しんでいきましょう!

 

 

éclaの7月号でモデルの富岡さんの髪型をベースにしたスタイル提案をさせていただきました。

我ながらなかなか似せれたかな?と

ちゃっかり大阪店の告知もさせていただいてます(笑)

有難うございました。

4月3日にS.HAIRSALON 2つ目となりますKITAHAMA店が無事OPEN

いたしました。

 

“川の風を感じる” をコンセプトにレイアウトを考え、

久々に出店の楽しさと大変さを思い出しました。

S.の1号店をご存知の方はきっとどこか似たサイズ感で、存分に落ち着くサロンに仕上がっていると思います。

お近くでサロンをお探しの方がいらっしゃいましたら是非

お立ち寄りください。

表参道店から元気な二人が出向(笑)

私も毎月第四火曜水曜は北浜店ご予約受付しております。

大阪の川沿いでお会いしましょう!

 

この度、大阪の北浜の川沿いにS.HAIRSALON/KITAHAMA

を出店いたします。

今はまだこんな感じですが、川を眺める素敵な空間に仕上げていきます。

立ち上げから18年目で初の2号店。

当初から自分が魅力を感じる街にしかS.を作るつもりはなく、こうして決まってみると改めてとても理想的な

北浜の街。

東京から大輔が常勤、紗良が毎月前半2週間、僕が4月から第3週 か4週の火水での2日間の出勤を予定しています。

大阪にお客様もまだ1名もいないゼロからのチャレンジ(笑)

いつもの様に皆でしっかりと少しずつ着実にいい仕事を積み重ねていきたいと思います。

ワクワクが止まりません。

東京/表参道同様、大阪/北浜もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

マリソルで植田2名宮澤1名で担当させていただきました。

宮は先月号に続いての登場。

スタイルも可愛かったので是非見てください。

ここでは私の作った2つの解説

左はレイヤーでバランスをとったミディアム。遊びを付けながらかきあげる感じが女性らしい印象が残りお勧めです。

右は最近増えてきたややウルフベースに仕上げたショート。

このスタイルは襟足を残すためファッションも襟元にボリュームがない服との相性が良いため春や夏にチャレンジするのがお勧め。

襟足が長い方が被り物(キャップやハット)にも合わせやすく

スタイルに応じてチャレンジしてください。

 

春号の撮影は年末に行われる事が通例で、昨年末は4本の撮影をさせていただいてました。

LEEは読者イメージに合わせて、ややカジュアルに質感をリンクのヘアバームと外はね構成でハンドドライのみで仕上げるスタイルに。

最近はコロナの影響で蜜にならない様に広めのスタジオに移動してスタッフも最小人数にする事が多く、編集さんもスタッフも大忙しです。